Tech Do | メディアドゥの技術ブログ 

株式会社メディアドゥのエンジニアによるブログです。

Macで簡単にアバターオンラインミーティングする方法

f:id:ogady:20210518183733p:plain
このアバターは筆者の自作
こんにちは、ご多分に漏れず最近馬育成しかしてないエンジニアのogady(@ogady)です。

昨今ではリモートワークがもはや定番になっており、ZoomやGoogle Meetなどでのリモート会議もすっかり定着して久しいですね。 オンライン飲み会などをされている方も多いと思います。

せっかくリモートなのですから、可愛くかっこよく素敵なバーチャルアバターで参加すれば、近未来感も出て、より楽しくなるのではないでしょうか?(話の飛躍がすごいのは許してください)

ただ、このテックブログを読んでいただいているエンジニアの方はMacを使用していることが多いかと思います(私もMacを普段使用しています)。

その場合、こんな課題があります。

  1. バーチャルアバターWindowsの方が扱いやすく、定番ツールもほとんどがWindowsのみにしか対応していないことが多い
  2. Macでも使えるツールはあるものの、PCのスペックがある程度ないとトラッキングが遅延してしまう

いちいちWindowsで参加するのも面倒なので、そこそこのスペックのMacでもアバターミーティングできないかを模索した結果、「これがお手軽なんじゃないか」という方法を見つけたのでこの記事で共有しようと思います。

前提

今回のやり方について

pros

  • 配信ソフト、トラッキングツールにお金をかける必要がない
  • PCのスペックがそこまで要求されない
  • 割と優秀なフェイストラッキングができる
  • 複雑な設定が不要

cons

  • iOS端末が必要(Androidでは今回使用するアプリがリリースされていない)
  • ハンドトラッキングはできない

今回説明しないこと

今回使用するもの

早速やっていきましょう

OBSのインストール

まずは手元のPCに配信環境を作成していきます。

使用するのは、OBSというオープンソースで開発されているライブ配信・ビデオ録画ソフトです。

OBSを使って配信用の画面を作成し、OBSの仮想カメラ(OBS Virtual Camera)機能を使用してZoomなどのインプットにします。

本手順では、インストールでbrewを使用します。(インストーラから入れても問題ないです)

$ brew install obs

vearをiOS端末にインストール

手持ちのiOS端末にvearをインストールします。

vearは、自分の3DモデルやVRoid Hubで公開されているアバターを使って配信・録画が出来るアプリで、かなり感度の良いフェイストラッキングが可能です。

この手法では、vearを使用してZoomなどに配信する動画部分を作ってしまいます。

アバターの用意

vearにはお試しアバターがあるので今回の手順ではそれを使用します。

アプリを起動し右上の「•••ボタン」 →「キャラクターモデルを選択」→「お試しアバター」から好みのキャラクターを選びましょう。

アバターは、VRMという形式の3Dモデルであれば、VRoid Hubアカウントを発行して自分のアバターとして登録することができますし、VRoid Hubで公開されている第三者利用可能アバターであればvearからそのまま使うことができます。(他の人が作成したアバターを使用する際は、利用ライセンスに注意してください)

VRoid Studioを使用して自分のアバター作成にチャレンジしても良いと思います!

OBS設定

ここからはOBSの設定を行います。

  1. vearを起動した状態のiOS端末をPCに有線接続
  2. OBSを起動し、下の「ソース」というウィンドウの「+」を押し、「映像キャプチャデバイス」を追加(名前はそのままで問題なし)
    f:id:ogady:20210508140546p:plain
    OBS設定2
  3. 「映像キャプチャ」を選択し、デバイスで手順1で接続したiOS端末を選択
    f:id:ogady:20210508140626p:plain
    OBS設定手順3
  4. 画面にiOS端末の映像が映っていることを確認しOKを押す
  5. ちょうど良い映り方になるようにサイズを変えたりする。
    • iOS端末の画面を映しているので、通知バナーが見えないような位置にするのが良いです。
    • 自分は、「iPhone横向き」、「vearの倍率を0.7x」、「通知バナーの表示位置より下」を映すようにしています。
  6. 「仮想カメラ開始」を押してセッティング完了
    f:id:ogady:20210508140708p:plain
    OBS設定手順6

オンラインミーティングに参加

あとは、ZoomやGoogle Meetなどで打ち合わせに参加し、映像のインプットを「OBS Virtual Camera」にすればアバターでのオンラインミーティングに参加できます!

f:id:ogady:20210508140740p:plain
オンラインMTG

あとがき

ということで、無事アバターをまとって参加できるようになりました。OBSにiOS端末の画面を映しているだけなので、Windowでも同じようにできると思います。

全員がこれで参加すれば、これまで以上に場が華やかになり、盛り上がることでしょう!

今回の方法はあくまでも簡易的なものなのですが、仮想世界の沼に踏み入れるきっかけになればと思います。

メディアドゥではエンジニアを大募集しております。エントリーはこちらからぜひよろしくお願いします。

recruit.mediado.jp